腎不全のお話

人の病気である腎不全は、犬猫でも死因第3位に入る程身近な病気になってきています。
慢性腎不全とは・・・
腎臓に障害が起こることで血液を十分にろ過出来なくなり、血液中の老廃物が溜まったままになります。
その結果、嘔吐や下痢、進行すると痙攣などの神経症状を起こすこともあります。
また、身体に必要な水分の再吸収をする働きがなくなってしまうので
大量のおしっことして出てしまい、水分を補うために、たくさんの水を飲むようになります。
腎臓は腎機能75%を失うまで症状が出ません!!そして一旦損なわれた腎機能は回復することはありません。
なので、早期発見、早期治療で残りの腎機能に負担をかけず長持ちさせてあげないといけないのです。
高齢になってくると、定期的に血液検査などの健康Checkをするのも病気の早期発見につながりますので
お気軽にご相談ください。