熱中症に注意しましょう!!

熱中症とは…高湿度や直射日光のあたる場所にいると体温が急激に上昇し、体温が40度以上続き体温調節する機能が働かなくなってしまい、さまざまな不調が起こることをいいます。

どうしたら起こるのか?…※日中のお散歩   ※閉め切った部屋・車内

               ※高温多湿な場所に長時間いる⇒日中以外に夜や室内でも起こることがあります。

症状とは…?※口を大きく開けて荒い呼吸をする  ※悪心・嘔吐・下痢  ※ふらつき・涎が多い

⇒さらに悪化すると…※虚脱・失神・筋肉の震え ※意識喪失・痙攣・チアノーゼ(舌の色が紫色に変色) ※吐血・血便・血尿

               ⇒最悪の場合はショック症状を起こし、命に関わることもあります。

熱中症かな?と思ったら…※一刻も早く体を冷やし、水分補給する事が大切です。

   ⇒体全体に冷水(氷水)をかけたり、冷水で濡らしたタオルをかけてあげるなど応急手当てをして来院してください。